Pepperのしゃかい・けんがく

image10

テックラインの社会貢献プロジェクト「Pepperのしゃかい・けんがく」は、Pepperがお店や公共施設へ「けんがく」に伺う企画です。2015年2月に開始され、現在までに60か所を訪問し、延べ6000人の人と触れ合ってきました。

Pepperは人々と触れ合うことで自律的に反応し、触れ合った人の心に“何か”を残していきます。同時に、私たちは触れ合った人に更によりそうことができるよう、Pepperの心であるアプリを開発します。

あなたが触れ合ったPepperが進化し、他の誰かと触れ合い、更に人によりそう存在としての技術が高められ、社会に戻ってくる。それが繰り返されて行くことで、 人と技術と社会の“つながり”が生まれ、 Pepperという存在を中心としたコミュニティができていく。そんな未来を私たちは想像しています。